一定年齢になっての転職は能力が勝負

一定年齢になっての転職は能力が勝負

一定年齢になっての転職は能力が勝負 転職をするにあたって年齢は若い方が有利というのはよく言われることです。しかしそれは本当でしょうか。確かに年齢が若ければその分伸びる可能性が大きいという面や、それまでいた会社の文化に染まっていないという点が評価されるということがあるでしょう。しかし、経験を重ねたからこそ得られるビジネスの本当の力を持っているのは年齢を重ねた方の人ではないでしょうか。

そうなると、転職時に年齢の限界などないということになります。転職先の会社が見るポイントは、若ければその若さと将来性が評価され、年齢を重ねた人の場合は、その人の持っている現有能力が即戦力であり、その会社に必要な能力であるという点が評価されるということになります。

年齢がある一定ラインを超えていたり、勤続年数が長くなってから転職する場合は、いかに自分の現有能力が高いのか、そして、その転職先の会社でその能力が活きるのかをプレゼンテーションする必要があります。それまでの会社人生で培ってきたものが元の会社の中だけで通用するものであれば転職は難しいでしょう。しかし、自分の獲得した能力がその業界で通じるものであれば自信を持って転職に臨むことによっていい結果につながるのではないでしょうか。

Copyright (C)2022一定年齢になっての転職は能力が勝負.All rights reserved.